タレントマネジメントを活用してビジネス創出のヒントを探してみよう

企業がこれからも成長を続けていくためには、常にニーズを把握し、それに合わせてビジネス創出していくことが求められます。しかし企業の強みやお客様のニーズを正しく把握できていないと、流行の波に乗り遅れ、周りの企業に後れを取ってしまうといった最悪の流れにはまってしまう可能性もあります。

では、企業ではどのようなことを行っていけばよいのでしょうか。
今回は、ビジネス創出のヒントを探すためにはどのようにタレントマネジメントを活用したら良いのか、ご紹介していきます。

タレントマネジメントは活用できる?~ビジネス創出の壁

先日とある中小企業の社長さんからご相談を受けました。
「私の会社はとあるシステムがありがたいことにヒットして、その商品で企業が成長したといっても過言じゃないぐらい右肩上がりに成長してきました。しかし、今年に入って売り上げが伸び悩み始めています。私たちもこのシステムの改良に注力するだけでなく、新しい商品を開発しなくては今後も成長し続けられないなというのはわかっているのですが、いざ社員と話し合いを行うと意見が合わないんですよね。少人数の会社なのでなるべく納得のいく形で進めたいのですが、こういう時はどうすればいいのでしょうか。」

少し話を聞いてみると社長が思っている企業目標と、従業員が現場の意見を聞いて必要だと思うものがずれているため、どのようなシステムを作るか話し合いをする時にどうしても意見の食い違いが生じているようです。

ここで私からはタレントマネジメントの導入を勧めました。
タレントマネジメントは労働人口の減少や労働生産の低下といった背景から、従業員一人ひとりの才能や資質を最大に活用して最適な人材配置を行うために近年日本でも注目されている人材マネジメント方法です。

タレントマネジメントを導入することのメリットの1つとして挙げられるのが「情報の見える化」です。さまざまな情報が見える化されることにより、ビジネス創出を行う際にも、その情報を基にいろいろな方面からアプローチが可能となります。

では具体的にビジネス創出を行う際に、どのように活用することが出来るのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

ビジネス創出を行うにあたりタレントマネジメントを活用して事前に行うこと

ビジネス創出を行う際にはやはり様々な情報や思考をあらかじめ整理すると、より優れたアイディアを生み出すことが出来ます。それでは、事前にどのようなことを行えばよいのでしょうか。

  1. 目標を明確にする

ビジネスを行う際にどのようなことを解決したいのか、どのようなことが出来るようになりたいのかなど、目標を明確にして全員の共通認識にしましょう。目標が定まれば、それを達成するためにはどのような方法があるのか従業員からも意見を出しやすくなります。様々な情報を出してもらい、よりよいビジネスアイディアを生み出すためにも、目標を明確にしましょう。

  1. 立ち上げの目的や要件を整理する

ビジネス創出を行う際に事業の目的や求められている要件を洗い出して整理することも大切なポイントです。既存のビジネスから情報をなるべく多く集め、その情報を整理することにより、要点が整理されビジネス創出しやすくなります。
また求められていることがわかると同時に求められていないことも見える化することが出来るため、ビジネスの方向性のずれがなくなり、アイディア出しの精度も高くなります。

事前に情報を整理してから取り組むだけで、ビジネス創出を行う際に誤った方向に向かうことを防ぐことが出来ます。
「でもそのような情報をどこから洗い出せばいいんですか?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

ここで活用できるのがタレントマネジメントです。
タレントマネジメントを活用し、過去のプロジェクトの目的や実績、新たに生まれた課題などを見える化し、社内の資産としてさらに今後につなげていきましょう。

また、これからもプロジェクトは定期的に実施されると思いますのでタレントマネジメントツールなどを用いて、進捗管理を行いながらデータをまとめられるような仕組みづくりを行うように企業側でも環境を提供しましょう。

タレントマネジメントを活用してビジネス創出のヒントを探そう

「でも、ビジネス創出ってハードルが高いですよね。目新しく誰もが口を揃えて、導入したい!と言っていただけるようなビジネスを考えないといけないって思うとどうしても重い腰が上がらなくて……。あ!って閃いてくれればいいんですけどね。」

「常に新しいビジネスアイディアが浮かんでくる!」「急に良いビジネスアイディアがひらめいた!」という事が続けばいいのですが、常にそのようなことが起こる人ばかりではないというのも事実です。

そこで、より自分の企業の強みに合わせたビジネスアイディアを考えるために、まずは次の2つから考えてみましょう。

  1. 既存のビジネスに改良を加える

既に順調に進んでいるプロジェクトやビジネスがある場合は、その内容に改良を行ったり、最新の手法を加えて付加することによって、より価値の高いビジネスを生み出せる可能性があります。

既に成功を収めているビジネスに手を加えるため、ビジネスモデルも確立されており、成功につながる確率も高い方法です。

  1. 既存のビジネスを組み合わせる

現状行っていて伸び悩んでいるビジネスでも、他のビジネスと組み合わせることにより、新たなニーズに刺さるビジネスが生み出せる可能性があります。また、伸びているビジネスと伸びているビジネスを組み合わせることにより、相乗効果でより成長を遂げる可能性もあるのです。

既存のビジネス同士を組み合わせることにより、さらに質の良いビジネスアイディアを生み出せる可能性もあり、展開をある程度予測することが出来る方法です。

ここで上記でも記載をした通り、タレントマネジメントを活用して過去に行われたプロジェクトや、現在進行しているプロジェクトの進捗管理や売り上げをはじめ様々な情報を見える化することにより、ビジネス創出のヒントを得られる可能性があるのです。


まとめ

いかがでしたか?

いかがだったでしょうか。

企業が成長を続けるために必要なビジネス創出。誤った方向に進まないためにも、タレントマネジメントを活用して見える化された様々な情報を基に、ビジネス創出を行うことが一つのカギとなります。

ビジネス創出を行う前に見える化された情報を整理し、準備を行うことにより、より優れたアイディアを生み出すことが出来ます。

  1. 目標を明確にする
  2. 立ち上げの目的や要件を整理する

またビジネス創出を行う際に、新しいものを考えなくてはならないと思われがちですが、自分の企業の強みに合わせたビジネスアイディアを考えるために、まずは次の2点を意識して初めてみましましょう。

  1. 既存のビジネスに改良を加える
  2. 既存のビジネスを組み合わせる

ここでもタレントマネジメントを活用し、過去のプロジェクトや進行中のプロジェクトの情報を見える化することにより、ビジネス創出のヒントを得られる可能性があります。

新しいビジネス創出のきっかけにタレントマネジメントを活用されてみてはいかがでしょうか。

ファインドゲートでは社内の人材育成強化を検討する際に、考慮すべきポイントをまとめた入門資料「人材育成の目的の大切さに気づくためのガイドブック」~人材育成担当の気づきのヒントがここにある~ をご用意しました。本資料は、人材育成を強化したい方には必見の資料です。ぜひダウンロードいただき、ご覧ください。

お役立ち資料

関連記事

タレントマネジメント導入に押さえておきたい3つのステップ

タレントマネジメントを活用した企業や社員の目指す姿

中小企業でタレントマネジメントを最大限に活用しよう

タレントマネジメントにおけるスキルの見える化とは?

PAGE TOP